厚底上げ

厚底上げ

昔も流行った厚底歩きにくいわけ

若者の間で昔も今も流行っている厚底の歩きにくいわけは、底が厚い分まずとても重いようです。重さでつま先が思ったほど上がっていないのに歩き出すと地面に突っかかりこけてしまう方もいるようです。そうした時に足の関節の捻挫や骨折、手をついたときに手の骨折をしてしまう恐れもあるようです。歩きにくいことで運動不足にもつながるようです。厚底すぎると足裏の感覚があまりないので車の運転はブレーキやアクセルの感覚等が無いのでさけたほうが安全でしょう。歩きにくいなりにも、ファッション的には可愛かったり、背が低い方にはもってこいの厚さがあるので重宝します。昔はぽっくりとも呼ばれていたようで、今はブーツやサンダル、スニーカー、パンプスいろんなタイプがあります。男性が履いていることもあり、原宿系ファッションの方たちに人気のようです。女性は渋谷系ファッションから原宿系ファッションの方たちまで幅広くいろんな形の物があり、自分のファッションに合った物を履いています。

流行りの厚底シューズは歩きにくい?!

今流行りの厚底シューズですが、若い世代を中心にスニーカーやサンダルなど様々な種類の厚底シューズが出ています。少し昔、あるアーティストを真似したファッションがブームになった時、厚底シューズもその大事なパーツの一つでした。タイトな服装にボリュームのある足元でバランスを取っているのでしょう。一見歩きにくいように見えますが実際はどうなのでしょうか?ヒールやウエッジソールとは異なってかかと部分だけが高くなっているわけではなく、足裏全体が高くなっているため実際に履いた感覚はぺたんこ靴を履いているのと同じ感覚で歩きにくいというわけではなさそうです。もちろん足元のボリュームだけでなく身長を気にしている小柄な女性にとってはうれしい商品なのかもしれません。幅のある底の側面に凝ったデザインを施したものなど、デザインの範囲が拡大したこともまた楽しみの一つとなっているのでしょう。夏の暑い時期にタイトなファッションと合わせてボリュームのある足元でおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

伊良部島の青の洞窟へいこう

Last update:2017/4/28


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 厚底上げ ALL RIGHT RESERVED